BLOG

ブログ

相続の対象となる

”大したことないから心配いらない”と思われがちな

遺産の対象となるものをお伝えしていきますね。

おひとりさま支援コンサルタントで

相続診断士の阿部由香です。

今回は、具体的に相続の対象になる遺産の見分け方を

お伝えしていきますね。

今回の遺産を見分けるには

大きく分けて3種類に分けられるのですが

下記の表から財産の種類をご参考に

※他にも、これはどうなんだろという分かりにくいことがありましたら

すぐにお問い合わせ下さい。

相続の対象にならないもの以外の

プラスとマイナスの相続財産が相続の対象になります。

例えば)

◆被相続人が前妻の子どもに養育費を支払っていた場合

養育費支払い義務は、「子どもの父親」という

立場から発生する債務

「父親」ではない相続人の相続されることはありません。

◆生命保険金は法律的には

受取人の固有の財産として評価されますので

基本的には相続の対象にはならないのですが

受取人を誰でもして良いわけではありません。

渡す方法を間違えてしまったばっかりに

大きなトラブルに発展してしまったということもありますので

受取人は慎重に選ばないといけないということになりますので

(※生命保険の受取人変更は、いつでもできます)

是非、ご注意されてください。

次回は、相続が実際に起こった時に

効果が全く異なる3種類の

遺産相続の方法をお伝えしていきたいと思います。

記事一覧

阿部由香

不便な町から早く出たかった・・大人になりこの町の素晴しさが身に染みこれからもずっと住んでいきたい “ 杵築 ” この町で暮らしている人々の為に自分に何ができるのか人生をかけチ...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。