BLOG

ブログ

法定相続人は誰がなれる、、、!?

ファイナンシャルプランナーで相続診断士の

阿部由香です。

相続についての手続・分割方法などの流れを

一気にお伝えするとかなりの長文になりますので

徹底分析シリーズでお届けしていきたいと思います!!

今回、その第一回目

法定相続人になれるのはというテーマで

お届けしていきたいと思います。

【相続が発生】

(亡くなられた方を被相続人といいます)

配偶者は順位に関係なく相続人になります。

①子どもがいた場合は、子どもが

相続人の対象になります

②被相続人に子どもがいない場合は

配偶者と被相続人の親が相続人となります。

※両親が死亡している場合は祖父母が対象になります

③そして、被相続人が独身で子どももなく

両親も祖父母も亡くなってている場合は

被相続人の兄弟姉妹が相続人の対象になります。

(兄弟姉妹が亡くなっている場合)

兄弟姉妹の子どもに代襲されていきます。

※①〜③までにお伝えしてきた方以外の

親戚は基本的には法定相続人になりません 

※これまでお伝えした①〜③までに当てはまらないけど

ご自身の財産を生前お世話になった方へ残したい場合には

事前に、遺言書などを準備しておく必要がありまます。

このことに限らずに、家族に想いを残すことで

その後の、家族がトラブルへと発展する可能性を

大きく軽減し、家族は想いを伝えることができます!!

今、確認が必要なことは現状を知り

何を準備をしないといけなかを把握することに限ります!!

次回は、相続の対象となる

”大したことないから心配いらない”と

勘違いされがちな遺産のお話していきますね。

記事一覧

阿部由香

不便な町から早く出たかった・・大人になりこの町の素晴しさが身に染みこれからもずっと住んでいきたい “ 杵築 ” この町で暮らしている人々の為に自分に何ができるのか人生をかけチ...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。