BLOG

ブログ

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの利光洋伸です。

 

今回は最近のお客様からのご相談事例を

紹介させていただきます。

 

===============

お客様からのご相談

===============

 

お客様が長年、勤められた会社を退職され、

退職金の運用方法についてご相談いただきました。

 

元々、銀行である商品を勧められたらしく

私の所にもご相談いただいたのですがそのお客様は少し勘違いをされてたので

 

今回はそのお客様と同じようにもしかしたら勘違いをされてる方に

確認も含めて書かせていただきます。

 

===============

米ドル外貨預金 年利5%

===============

 

お客様が銀行から提案を受けていたのは

米ドル外貨預金で年利5%(税引後 年3.9842%)でした。

 

しかし、その時にお客様はあることを見落としておりました。

 

それは…

 

2ヵ月ものということです。

 

実際、この事例で計算してみると

(分かりやすく税引後 年4%)

 

1,000万円預けた場合、お客様は1年間で40万円殖えると

思っていたのですが(為替考慮しない場合)

 

ここは、そんなこと分かってるよ!という方もいるかと思いますが

 

再度、認識していただきたいのでお伝えします。

 

実際は2ヵ月ものということで

1,000万円×4%×(60/365日)≒6.6万円です!

 

それでも円定期預金に比べるとかなり殖えてるので

いいかと思いますが

 

実は勘違いをされてたのはそれだけではなかったのです…

 

===============

為替レートを把握してなかった

===============

 

為替レートとは、外国為替の取引における外貨との交換のレートのことです。

 

外貨預金などは円から外貨を購入するときは基準レートに手数料を足したレートで

購入することになります。

 

また外貨を円に交換するときは基準レートから手数料を引いたレートで

外貨を売却することになります。

 

今回のお客様の手数料は円から外貨に交換するときは+1円で

 

外貨を円に交換するときは-1円でした。

 

それを踏まえてお客様の事例で計算してみると

 

今回は基準となるレートを1ドル=100円とした場合、

 

・預ける時

1,000万円÷101円=99,009米ドル

 

・利息

99,009米ドル×4%×(60/365日)

=649.5米ドル

 

・元本+利息を円に戻すとき

(99,009米ドル+649.5米ドル)×99円

986万6,191円

 

この例の場合、まさかの元本割れをしてしまいます。

 

もちろん為替レートが預けている時に

1米ドル=100円でなく110円になった場合、

為替差益でより殖えることもあります。

 

逆に円高になってしまい、もっと目減りする場合もあります。

 

===============

メリットデメリットを把握する

===============

 

今回、お伝えしたかったことは

目先の金利に惑わされずに

その商品のメリットデメリットを理解して商品を選ぶことが

大事だという事です。

 

さらにライフプランを考えて運用しないと退職金を全額

運用にまわしてしまい、

 

他の必要資金に対応出来なかったということも防がないといけません。

 

やはり、セカンドライフを迎える世代の方もライフプランが

必要ですね。

記事一覧

利光洋伸

ファイナンシャルプランナー・相続診断士とし て活動中。相続診断士として相続を円滑に進め るためにお客様の相談にのり、ファイナンシャ ルプランナーとして家計のお悩み事の解...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。