BLOG

ブログ

こんにちは!

ファイナンシャルプランナー・相続診断士の
利光洋伸です。

今日は医療費への備えについてお伝えさせていただきます。

===============
75歳以上の医療費窓口負担2割へ
===============

ニュースでも話題となりましたが
現在、原則1割負担となっている
75歳以上の医療費の窓口負担が
2割に引き上げられることが
決定いたしました。

 

 

対象となる方は単身世帯だと
年収200万円以上、夫婦2人世帯になると
320万円以上の方です。

もちろんこれまで通り、現役並みの
所得がある方は3割負担なのですが

今回、負担が上がるということに対して
どのような対策が必要なのでしょうか?

===============
医療保険を手厚くする?
===============

75歳以上になる方も気になることでは
ありますが

今回の改正により、現役世代の
私たちも老後の医療費に向けて
備えを行っていかないといけないと
考えた方も多くいらっしゃると
思います。

その備えの一つとして
医療保険を手厚くする(入院日額を増やす)
という方もいらっしゃいますが

実は!

その備えは間違っているかも
しれません。

===============
国の制度を理解する
===============

75歳以上のほとんどの方が
1年間に一度以上は医療機関の
外来もしくは入院にかかっていると
思います。

そのうち外来が頻繁にあったり、
入院や手術をしたという方は
もし2割負担だった場合、医療費が
今までより多くかかるのでしょうか?

もちろんご存じの方も多いかと
思いますが国の制度として
高額療養費制度があります。

今回対象になる方の高額療養費制度は
1ヶ月の自己負担上限額が外来では
18,000円、入院では57,600円となっています。

仮に入院や手術を行った場合だと
1割負担と2割負担では
この高額療養費制度により、計算すると
自己負担額は変わらないということに
なります。

では将来の医療費負担に備えるために
やらなくてはいけないこととは
何でしょうか…

===============
ライフプランを意識して備える
===============

確かに今回の医療費の改正により、
負担が増える方もいらっしゃいます。

しかし、
医療費負担への備え=医療保険への加入
は間違いです。

保障を手厚くすることでその分、保険料が
増えるので他の生活に影響してきます。

まずはライフプランをたてて、ご自分が
いくら必要か理解し、

その後に国の制度を把握したうえで
医療保険への加入を検討するのが
いいかと思います。

これからは制度を理解し、うまく
利用しないと確実に厳しい時代に
なってきます。

ぜひ、ご自分に
合った備えをしていただければと
思います。

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

次回もお楽しみに!

ファイナンシャルプランナー・相続診断士
利光洋伸

記事一覧

利光洋伸

ファイナンシャルプランナー・相続診断士とし て活動中。相続診断士として相続を円滑に進めるためにお客様の相談にのり、ファイナンシャルプランナーとして家計のお悩み事の解決...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。