BLOG

ブログ

こんにちは。
ファイナンシャルプランナー・相続診断士の
利光洋伸です。

今日は個人賠償責任保険の落とし穴についてお伝えさせていただきます。

===============
自転車保険の義務化
===============

私の住む大分県では自転車保険の義務化に
より、個人賠償責任補償の加入率が非常に
高くなっています。

詳しくは以前のブログでも解説しています。
こちらをご覧ください。
【自転車保険に加入しなくていい2つの理由】

個人賠償責任保険は日常生活の事故で
相手にケガをさせてしまったり、何か
モノを壊したときに補償されるものです。

この補償は単独で加入するのではなく
火災保険や傷害保険、もしくは自動車保険の
特約で加入される場合が多いです。

===============
借りた物は対象外
===============

そんな中、お客様からこんなご相談を
うけました。

「子どもが友達から借りたゲーム機を
壊した場合、個人賠償責任保険で
補償されますか?」

 

実は…

答えは…

補償されません…

個人賠償責任補償は他人の物を
壊したときに補償されるものですが
他者の管理下にある他者の財物を
壊した場合に対象となります。

ということは
借りた物は補償されないのです!

ではどうすればいいのでしょうか?

借りた物を壊した時に備えるためには
別に
『受託物(受託品)賠償責任補償』
という補償に加入しないといけません。

※保険会社によっては
個人賠償責任補償で借りた物まで
賄えるところもありますので
ご確認ください。

===============
学校で使用するiPadは対象?
===============

こんなケースではどうでしょう?

今、お子さんの学校では授業で
iPadを使っているところも
多いかと思います。

そこでお子さんがiPadを万が一、
落として壊してしまった場合は
どうなるのでしょうか?

私も経験がありますがiPadを
落として壊してしまうというのは
そんなに珍しいことではありません。

むしろ結構あるかと思います…

こちらについての補償は各自治体にも
よるのですが大分市では
重大な過失がない場合はお子さんや
保護者の負担なく、修理しますとのことです。

ただし!!

それって明確ではないですよね…

だとすると保険でカバーする方法も
考えとかないといけません。

先ほどお伝えしたとおり、
借りたiPadは学校もしくは
教育委員会の所有物(他人が所有するもの)
ですので個人賠償責任補償では
カバーできない場合が多いです。

では受託物賠償責任補償で
カバーできるかどうかと言いますと…

それは…

保険会社によって違います!

すでに保険会社によっては
受託物賠償責任補償の範囲に
iPadなどの電子機器は対象外に
なってる所もあります。
(先ほどのご相談のゲーム機も
同じです…)

これってご自分の保険がどうなってるか
把握するのは非常に難しいですよね。

まずはご自分の加入されてる内容を
調べるのが一番なのですが

もし分からない場合はいつでも
お問合せください。

せっかくかけてきたのに補償されないと
本当に無駄になってしまいます。

以前にもお伝えしましたが
備えの部分に関しては無駄をなくし、
ベストな備えをしていかないと
いけません。

これから子育て世代のご家庭は
教育費だったり、住宅費用、ご自分の
老後費用など様々な準備をしていかないと
いけません。

ぜひ、この部分は覚えといていただければと
思います。

今後もお役に立てる
情報をお届けしていこうと思います。

ぜひ、お楽しみに!

ファイナンシャルプランナー・相続診断士
利光洋伸

記事一覧

利光洋伸

ファイナンシャルプランナー・相続診断士とし て活動中。相続診断士として相続を円滑に進めるためにお客様の相談にのり、ファイナンシャルプランナーとして家計のお悩み事の解決...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。