BLOG

ブログ

こんにちは、ファイナンシャルプランナー・

相続診断士の利光洋伸です。

 

===============

老後への資金準備

===============

 

 

以前、『老後2000万円問題』が

インターネットでも話題になりました。

 

 

私のお客様からも多くのご相談を

いただき、老後への準備として

資産運用がより身近になった気がします。

 

 

2000年ごろから国が

貯蓄から投資へと方向転換を

促していましたが中々、

浸透していなかったので

大きな変化だったと思います。

 

 

そこで今回は老後の資金準備として

使われているものの一つである

『NISA』についてお話したいと思います。

 

 

===============

50歳以上の方がほとんど

===============

 

 

NISAの年代別口座開設状況を見てみると

50歳以上の方が7割弱を占めています。

 

 

これはNISAが出来た当初は一般NISAしかなく、

一時金で運用出来るのがお子さんが

ある程度、大きくなった方に限られるという理由で

若い方には浸透していませんでした。

 

 

しかし、今ではつみたてNISAも

出来ました。それにも関わらず

50歳以上の方が多いのはなぜでしょうか?

 

 

その理由はやはり、セカンドライフを

迎えるまでの期間が短くなり、老後の生活が

身近に感じたり、老後資金を殖やすために

NISAなどを活用してる方が多いようです。

 

 

===============

メリットは理解している

===============

 

 

しかし、ご相談いただく中で

気づいたことがあります。

 

 

それはNISAのメリットばかりが

注目されていてデメリットを

把握していない方が多く

いらっしゃるということです。

 

 

メリットはご存知の方も多いと

思いますが

 

 

通常、特定口座や一般口座の場合、

運用益に対して約20%の

税金がかかるのに対し、

 

 

NISA口座で運用すると

税金がかからないというメリットが

あります。

 

 

ですので100万円投資して50万円の利益が

出た場合は通常、10万円の税金が

引かれて40万円の利益になるのが

 

 

NISA口座の場合はそのまま50万円の

利益を確保することが出来ます。

 

 

メリットはご存知の方も

注意すべきはデメリットです。

 

 

===============

デメリットは大きく2つ

===============

 

 

NISAのデメリットは大きく2つになります。

 

 

1つ目は損益通算や3年間の損失繰越ができないと

いうことです。

 

 

これに関しては図を見ていただいたら分かると

思いますが通常、複数の口座で取引を行っていて

利益と損失が出た場合は損益通算することが出来、

利益から損失を引けるので税金を減らすことが

出来ます。

 

 

しかし、NISA口座では利益が出ても損失が出ても

税金の対象から外れるため、損益通算は

出来ません。

 

 

ですので利益が出ないと不利になる可能性が

あります。

 

 

もう一つのデメリットは運用期間終了後に

元本より減っていた場合、一般口座などに

移すとそこから新たな取得価格として見られる

点です。

 

 

例えば100万円で投資して運用期間終了後に

60万円になってしまい、一般口座に

移したのちに100万円に戻っても

100万から60万円を引いた40万円に

税金がかかってしまいます。

 

 

===============

理解したうえで始める

===============

 

 

銀行預金に預けていても

金利がつかないため、NISAなどで

運用することはとても大事なことだと

思います。

 

 

しかし、メリットデメリットを理解せず、

メリットばかりに注目しては、

必要な時期になった時に

後悔することになるかもしれません。

 

 

今は様々な金融商品がありますので

ぜひ、そこを理解して始められて

ください。

 

 

今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

次回もお楽しみに!

 

 

ファイナンシャルプランナー・相続診断士

利光洋伸

記事一覧

利光洋伸

ファイナンシャルプランナー・相続診断士とし て活動中。相続診断士として相続を円滑に進め るためにお客様の相談にのり、ファイナンシャ ルプランナーとして家計のお悩み事の解...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。