BLOG

ブログ

こんにちは、ファイナンシャルプランナー・

相続診断士の利光洋伸です。

 

===============

生命保険は受取人固有の財産

===============

 

生命保険に加入する時には自分が亡くなった時に

保険金を受け取る人を指定することが出来ます。

 

ですので遺産を多く渡したい人がいる場合には

とても有効な方法です。

 

さらに生命保険金に関しては受取人の固有の

財産となるため基本的には遺産分割の対象には

なりません。

 

そして税金面でも保険金受取人が相続人の場合は

相続税の非課税枠(500万円×法定相続人の数)

が使えますので

 

相続対策としても多く使われています。

 

===============

生命保険金が支払われる場合

===============

 

生命保険が支払われる時というのは

もちろん保障内容によって変わってきますが

 

死亡した時に支払われる保険に加入している場合は

死亡した時だけでなく所定の高度障害状態に

なった時にも保険金が支払われます。

(高度障害保険金が支払われた後は契約は

消滅します。)

 

さらに無料の特約としてつけれる

リビングニーズ特約を付加することに

よって余命6ヶ月以内と判断された場合に

死亡保険金の一部または全額を

受け取ることが出来ます。

 

この特約で受け取った保険金は医療費や生活費など

様々なことに使用できるため、とても素晴らしい

特約ですし、この保険金も入院給付金などと

同様に非課税で受け取ることが出来ます。

 

この特約により、医療費が多くかかる時期に

保険金を受け取ることが出来、とても心強い

のですが注意点、そして絶対に覚えとかないと

いけない落とし穴もあります…

 

===============

保険金が相続税の対象に!

===============

 

今回、お伝えした高度障害保険金とリビングニーズ

特約の保険金は基本的には被保険者が

受け取ることになります。

 

ですので保険金を受け取った後に被保険者が

亡くなった場合、仮に受け取った保険金が

そのまま残っていた時は全額が相続税の

課税対象として計算されます。

 

その時には生命保険の非課税枠も使用することが

出来ません。

 

===============

遺産分割の対象にもなる!

===============

 

さらに保険金は受取人固有の財産になるはずが

生前に受け取っている場合、

 

遺産分割の対象にもなってしまいます…

 

本来、契約者と被保険者であるご主人が

受取人である奥様に残したいと思った場合、

 

今回の受け取り方をすることによって、

全額、奥様が受け取れない可能性も出てきます。

 

===============

受け取り方には注意が必要

===============

 

もちろん最初にお伝えしましたが生前に

受け取ることにより、保険金は非課税で

受け取ることが出来、医療費や生活費など

様々なことに使えるということで非常に

メリットはあります。

 

ただ逆にデメリットも理解することによって

後々、後悔することがなくなるのでは

ないでしょうか?

 

受け取り方に関してはそれぞれの環境に応じて

ベストな方法が変わってきます。

 

もし、このようなことが起きてしまった場合、

ベストな方法を選択できるように今回の

お話を覚えといていただければと思います。

 

今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

次回もお楽しみに!

 

ファイナンシャルプランナー・相続診断士

利光洋伸

記事一覧

利光洋伸

ファイナンシャルプランナー・相続診断士とし て活動中。相続診断士として相続を円滑に進め るためにお客様の相談にのり、ファイナンシャ ルプランナーとして家計のお悩み事の解...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。