BLOG

ブログ

こんにちは、ファイナンシャルプランナー・

相続診断士の利光洋伸です。

 

===============

約40年ぶりに相続法改正

===============

 

 

メルマガなどでも何度か

お伝えしていますが2019年から

 

 

約40年ぶりに相続法が

改正され順次、施行されました。

 

 

これにより、今まで以上に

遺された配偶者の老後を守る

策が設けられています。

 

 

===============

おしどり贈与の改正

===============

 

 

結婚してから20年以上経った夫婦間で

マイホームまたはマイホームを

取得するための資金を贈与しても

2,000万円までは非課税となる制度があり、

 

 

通称「おしどり贈与」と言われています。

 

 

実はこの制度には大きな

落とし穴がありました。

 

 

===============

贈与された自宅は遺産分割の対象

===============

 

 

20年以上経った夫婦間で

自宅の贈与を行うので2,000万円まで

贈与税はかかりませんし、その後、

自宅がご自分の物になるので

相続税もかかりませんでした。

 

 

しかし!

 

 

遺産分割に関しては違いました!

 

 

遺産分割では贈与された自宅は

原則として遺産の先渡し(特別受益)を

受けたものとして取り扱われました。

 

 

ということは

 

 

事例でお話すると相続財産が

預貯金(2,000万円)で法定相続人が

奥様とお子様1人の場合、

 

 

法定相続分で考えると

奥様とお子様で1,000万円ずつ

分けることになります。

 

 

しかし、生前に奥様が自宅(2,000万円)を

贈与されていればそれは

特別受益ということになり、

 

 

遺産分割の対象となります。

 

 

法定相続分で考えれば

奥様 自宅(2,000万円)

お子様 預貯金(2,000万円)

ということになります。

 

 

奥様は自宅の贈与を受けているので

住むことが出来るのですが預貯金が

相続できなくなってしまいます。

 

 

===============

自宅の生前贈与が特別受益の対象外

===============

 

 

しかし、今回の改正により、

 

 

婚姻期間が20年以上のご夫婦間で

マイホームやその敷地の贈与では

特別受益の持ち戻しをしなくて

よくなりました。

 

 

先ほどの事例でお伝えすると

 

 

預貯金が2,000万円ですので

法定相続分で考えると

奥様はご自宅と

預貯金(1,000万円)も

相続することが出来ます。

 

 

===============

配偶者の老後を守るため

===============

 

 

今回、お伝えした法改正の他にも

まだ配偶者の老後を守るための

策が設けられています。

 

 

もちろん、相続が争続になってしまい、

配偶者(奥様)が長年、

住んでいた自宅から

出ないといけないという事から

守るための法改正だと思います。

 

 

しかし、まずはそうならないために

必ずご家族で話をしておかないと

いけません。

 

 

常にお伝えはしていることですが

 

 

相続を争続にしないポイントは

 

1つ目は現状を把握すること

 

2つ目は想いを残すこと

 

3つ目は家族と話すことです。

 

 

これからも相続が争続に

ならないように様々な情報を

お伝えしていきたいと

思っています。

 

 

今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

次回もお楽しみに!

 

ファイナンシャルプランナー・

相続診断士 利光洋伸

記事一覧

利光洋伸

ファイナンシャルプランナー・相続診断士とし て活動中。相続診断士として相続を円滑に進め るためにお客様の相談にのり、ファイナンシャ ルプランナーとして家計のお悩み事の解...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。