BLOG

ブログ

こんにちは、ファイナンシャルプランナー・

相続診断士の利光洋伸です。

 

===============

銀行口座の凍結

===============

 

先日、こんな話を聞きました。

 

「お父さんが亡くなった後に葬儀費用を口座から

引き出そうとしたらすでにおろせなくなって

しまってたの…」

 

これはご存知の方が多いかもしれませんが、

先ほどのお話でいくとお父さんが

亡くなられたことが分かると、

銀行口座が凍結されて、

一切引き出しが出来なくなります。

 

それどころか凍結されてしまうと振込、

入金などの手続きも出来なくなってしまいます。

 

そうなってしまうと葬儀代などの出費に

すぐに対応できなくなり、遺族のどなたかが

立て替えなければなりません。

 

===============

生命保険で解決!

===============

 

そのような時、生命保険を活用すれば

解決できます。

 

生命保険の死亡保険金は受取人が書類を

準備するだけで

通常、1週間ぐらいで受け取ることが出来ます。

 

ということは、葬儀費用なども銀行に

預けておくと、支払いに間に

合わないかもしれませんが

生命保険金として受け取ると

確実に現金を準備することが出来ます。

 

===============

預貯金の仮払制度

===============

 

しかし、今は生命保険でなく預貯金でも

対応することが出来ます。

 

2019年7月からは亡くなった方の

口座から一定の金額まで遺産分割協議が終わる前に

相続人が引き出せるようになりました。

 

手続きは家庭裁判所で手続きする方法と

金融機関の窓口で手続きをする方法があるのですが

 

仮払が出来る金額は

相続開始時の預貯金の額 × 1/3 × 法定相続分であり、

上限額は金融機関ごとに150万円です。

 

例えば相続時の預貯金が600万円で相続人が

お子さん2人の場合は

600万円× 1/3 × 1/2 = 100万円(1金融機関上限額150万円)

となります。

 

実際は葬儀費用がこの金額では

賄えないかもしれませんが金融機関が

複数の場合はそれぞれに上限額が定められる

ことになります。

 

これにより、生命保険でなくても葬儀費用などの

相続発生後の急な出費にも対応できることに

なります。

 

しかし、この仮払制度には大きな落とし穴が

あります!!

 

===============

仮払制度の落とし穴

===============

 

この預貯金の仮払制度は相続人であれば

亡くなられた方の口座からお金を

引き出すことが出来ます。

 

その時に亡くなられた方は渡したい金額の

指定は出来ません…

 

さらに渡したい方も選ぶことが出来ません。

 

その時には!!

 

やはり生命保険が有効です。

 

生命保険だと受取人を指定することが出来、

金額もそれぞれに決めることが出来ます。

 

さらに、生命保険の非課税枠を

活用することにより、相続税の軽減も可能です。

 

今回の預貯金の仮払制度はとても有効ですが、

もし遺したい人や渡したい人がいる場合は

生命保険や遺言書の活用を考え、

想いを残すことが大事ですね。

 

今回は預貯金の仮払制度についてお伝えしましたが

他にも様々な制度があります。

 

それぞれにメリットデメリットがありますので

今後も引き続き、お伝えしていきたいと

思っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

次回もお楽しみに!

 

ファイナンシャルプランナー・

相続診断士 利光洋伸

 

記事一覧

利光洋伸

ファイナンシャルプランナー・相続診断士とし て活動中。相続診断士として相続を円滑に進め るためにお客様の相談にのり、ファイナンシャ ルプランナーとして家計のお悩み事の解...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。