BLOG

ブログ

こんにちは、ファイナンシャルプランナー・

相続診断士の利光洋伸です。


===============

ご実家のリフォーム

===============

 

以前、お客様のTさんから

こんなご相談をいただきました。

 

Tさん「実は実家をリフォームして両親と

同居をしようと思うのですが

ローンの事でご相談があります…」

 

Tさんはこれまで賃貸住宅に住んでいたのですが

ご実家をリフォームしてご両親と同居

することになりました。

 

ただご両親は建てた時の住宅ローンを

払っていてその住宅ローンと今回のリフォームの

ローンをまとめて組みたいというご相談でした。

 

 

===============

ご実家の名義変更

===============

 

ただ銀行にも相談しながら話を進めていくと

ご実家の名義をお父さんから息子さんのTさんに

変更しないとまとめてTさんがローンを

組むことは出来ないということになりました。

 

そこで実家の名義をお父さんからTさんに変更を

するのですがお父さんからTさんに実家を贈与

するとなると多額の贈与税がかかってしまいます。

 

仮に1,000万円分の贈与だと

何と!!

177万円も贈与税がかかってしまいます…

 

===============

相続時精算課税制度の活用

===============

 

そこで今回は相続時精算課税制度を活用し、

お父さんからTさんにご実家を贈与することに

なりました。

 

「相続時精算課税制度」について

一言でお伝えすると生前に贈与をするとき、

通常は年間110万円までしか非課税になりませんが

この制度は2500万円まで贈与税を非課税に

してくれます。

ただし、贈与した人が亡くなった時には、その人の

遺産だけでなく、過去に生前贈与した財産も

一緒に、相続税を課税しますよ!

という制度です。

 

これにより、2,500万円までの贈与には贈与税が

かからずに、ご実家もTさんの名義になりました。

 

さらにリフォームも終わり、Tさんは住宅ローンを

払いながらご両親と同居していくことに

なりました。

 

===============

お父さんに借金が発覚?

===============

 

数か月経った後、またTさんからご連絡が

ありました。

 

Tさん「利光さん、この間活用した相続時精算課税

制度は相続の時に精算する制度ですよね?

ということは万が一、父に借金があった場合、

もう相続放棄は出来ないですか?」

 

というご相談でした。

 

 

実際はお父さんに借金があったのではなく

万が一、借金があった場合、すでに相続時精算課税

制度を活用しているので相続放棄は出来ないのでは

ないかというご相談でした。

 

Tさんがご心配されるのもうなずけますよね。

 

これはTさんだけでなく相続時精算課税制度を

活用された方はみなさん、ご心配されると

思います。

 

仮に相続放棄が出来ない場合、

 

例えば贈与を受けたときは資金に余裕があったのに

相続開始時においては事業を失敗してしまい、

被相続人に借金がある場合には、

相続時精算課税により贈与を受けている相続人は、

その借金を払っていかなくてはなりません。

 

===============

相続放棄は可能!

===============

 

実は相続放棄は可能です!

 

相続時精算課税制度を利用した場合、

相続税法上は相続財産になりますが、

民法上は、すでに相続人の物になっており、

放棄の対象となる相続財産にはならないため、

相続時精算課税制度を利用していても、

相続放棄をすることが出来ます!

 

ただし、相続税がかかる場合は払わなくては

なりません。

 

===============

一番大事なことは

===============

 

ここで重要なのは相続放棄が出来るか

出来ないかではありません。

 

相続において一番大事なことは

 

家族と話すことだとお伝えしています。

 

相続の時に初めて知ったという事にならないように

日ごろから家族で話をすることがこのような

問題にもならないですし、相続が争続になるのを

防ぐことが出来るのではないでしょうか。

 

今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

ファイナンシャルプランナー
相続診断士  利光洋伸

記事一覧

利光洋伸

ファイナンシャルプランナー・相続診断士とし て活動中。相続診断士として相続を円滑に進め るためにお客様の相談にのり、ファイナンシャ ルプランナーとして家計のお悩み事の解...

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。